カーボンニュートラルとは?基礎知識・DXとの関連性・GX人材を解説

DX

ニュース等でカーボンニュートラルという言葉を聞いたことがある人は多いでしょう。
しかし、「最近になってよく聞くようになったけれど、実はよく分からない」という人も多いのではないでしょうか。

カーボンニュートラルとは、温室効果ガスの排出量・吸収量のバランスを取り、全体で見たときにゼロにしようとすることを意味します。

現在、カーボンニュートラルを日常で意識する機会はまだ多くはありません。
ただし、今後は企業がビジネス活動をするうえで、カーボンニュートラルへの取り組みは避けて通れなくなります。
また、カーボンニュートラルはDXとも関連性があり、企業は「カーボンニュートラル×DX」を意識していかなければいけません。

本記事では、カーボンニュートラルの基礎知識、DXとの関連性、カーボンニュートラルを牽引するGX人材についても解説していきます。

カーボンニュートラル講座を見る(資料無料)

なぜ、カーボンニュートラルが必要なのか?

地球全体の平均気温は、工業化以前と比較すると1℃上昇したと言われています。
たった1℃くらいで何が変わるのだろう?と思う方もいるでしょう。

 

  • 大雨のリスクが1.3倍
  • 熱波のリスクが9.4倍
  • 海面が上昇し台風や高潮の危険性が増す

 

たった1℃で、これだけ自然災害のリスクが大きくなるのです。
また、地球全体の平均気温は年々上がっており、2100年には現在より4℃上がると言われています。

 

  • 大雨のリスクが2.7倍
  • 熱波のリスクが2.8倍
  • 海面が1m上昇し多くの土地が浸水する

 

と考えられます。

一度上がってしまった気温を下げるのは難しいため、これからは地球の気温上昇を抑えていくことが重要となってきます。
そこで必要なのが、カーボンニュートラルへの取り組みです。

世界規模で 温室効果ガスの排出量と吸収量を均衡させる取り組みを行うむと、気温の上昇を1~2℃程度に抑えることができるとされています。

カーボンニュートラルと経済成長のバランス

CO2削減と経済にはトレードオフの関係にあるため、CO2の削減に取り組むと生活の利便性が下がる押るのでは?と思う方もいるでしょう。

確かに以前まではその様に言われていましたが、現在では経済を成長させながらエネルギー消費を減らす「デカップリング」が主流になってきています。
実際、ドイツではCO2排出量は減らしつつも、実質GDPを年々上げることに成功しています。

日々の生活や利便性を犠牲にするのではなく、両立させつつ地球に配慮していくことが重要です。

カーボンニュートラルとDXの比較

カーボンニュートラルとDXの目的を比較すると下記の通りになります。

 

  • カーボンニュートラル:環境問題に配慮しながら「持続可能な成長」を目指す
  • DX:データやデジタル技術を活用し、企業の競争優位を構築する

 

カーボンニュートラルは環境対策に、DXは企業成長にフォーカスをした内容となっています。
それぞれの最終的な目的は異なるものの、既存事業を軸にしてトランスフォーメーションを実現する方向性は同じです。

守りと攻めのパターン

DXを語る際、大枠を説明するために守りと攻めの2パターンに分けることがあります。

 

  • 守りのDX:コスト削減や最低限の対応
  • 攻めのDX:売上を上げるための対応

 

守りのDXには、AI-OCRによる業務の効率化、検査工程の自動化、オンラインコミュニケーションツールの導入などが該当します。
攻めのDXには、自動運転技術、シェアリングエコノミー、サブスクリプション型ビジネスモデルが攻めに該当します。
この考え方はカーボンニュートラルへの取り組みにも当てはめることができます。

守りに該当するのは、法律の範囲の中で最低限のGHGの可視化と報告、気候変動のリスク管理、取引先に応じたて再エネ導入など。
一方、攻めに該当するのは、低炭素製品の開発や、環境意識の高いユーザーに選ばれるためのマーケティング戦略などが該当しまです。

DXを進める過程でカーボンニュートラルが進む領域も多数あるため、デジタル技術を活用した温室効果ガスの削減事例なども今後増えてくるでしょう。

GX人材とは?

GXとはGreen Transformationの略で、脱炭素社会を実現するために温室効果ガスを再生可能エネルギーへの転換させる取り組みです。
GX人材とは、持続可能な成長を目指しながら、会社の組織・ビジネスモデルの変革を志す人材です。

GX人材は3つに分類することができます。

 

  • クリエイト人材
  • デリバリー人材
  • エバリュエーション人材

 

クリエイト人材はカーボンニュートラルなどを実現するため、低炭素型製品R&D/改善活動にサプライチェーンを巻き込みながら取り組める人材です。
デリバリー人材は顧客ニーズの変化を探索して、製品・サービスを企画し、顧客にその重要性を啓蒙する人材です。
エバリュエーション人材は、GX/カーボンニュートラルに精通し、会社組織の全事業部をマネージしながらGXに取り組み、投資家・社会に向けたコミュニケーションを担当する人材です。

そして、企業の各事業部にはGXリーダーやDXリーダーが存在しているのが理想です。
事業部のアクションに対してイニシアチブを持つ状態が、GXやDXを始めとするX(変革)実現のために必要な組織であると言えるでしょう。

まとめ

これからの企業のビジネス活動は、カーボンニュートラルとDXを前提としたものに変わってくるでしょう。
そのためには、カーボンニュートラル・DXプロジェクトを牽引できる人材を確保することが大切になってきます。
最初は外部の専門家の力を借りつつ、徐々に自社人材をプロジェクトを牽引できる人材へと育てていくと良いでしょう。

 

カーボンニュートラル講座を見る(資料無料)

DX人材育成サービス「Aidemy Business」

未経験からでもDX推進に必要な知識を習得できます。無料トライアルも実施中

画像:ダウンロード資料のイメージ

    必須
    必須
    会社名必須
    部署名必須
    役職必須
    メールアドレス必須
    電話番号必須
    従業員数必須
    無料トライアル利用必須
    サイト訪問のきっかけを教えてください(複数可)
    個人情報の取り扱いに同意する必須

    Aidemy Webサイトの個人情報の取り扱い

    ※ 上記フォームで送信できない場合は、必要項目をご記入の上、
    support@aidemy.co.jpまでメールをお送りください。

    当サイトはreCAPCHAとGoogleにより保護されています。

    reCAPCHA利用規約

    reCAPCHAプライバシーポリシー

    DX Newsを見る
    【毎月発行】 最新のDXニュースを、ビジネス視点から分かりやすく解説。
    セミナーを探す
    withコロナ時代に競争力をつける アイデミーの無料Webセミナー