ダイキン工業株式会社 様

ハードウェア系技術者へ柔軟な教育システムを提供することで
AIを一般教養として身に付けさせていく

プロフィール

ダイキン工業株式会社

業種

事業内容

従業員数

Web

機械製造業

空調・冷凍機、化学、油機、特機、電子システムの製造・販売

7,036名(単独)

https://www.daikin.co.jp/

ダイキン工業株式会社 テクノロジー・イノベーションセンター 戦略室 技術戦略担当 近藤 玲 様

世界No.1の空調事業を持つグローバルカンパニー、ダイキン株式会社

空調事業を中心に、世界150カ国以上で事業を展開しているグローバル企業、ダイキン工業株式会社(以下、ダイキン)。空調事業における売上高は世界第1位を誇っており、揺るぎない地位を築いています。

2015年11月に大学をはじめとした外部機関と技術連携を行うオープンイノベーション拠点「TIC」(テクノロジー・イノベーション・センター)を新たに開設しています。

世界ナンバー1の「エアコンメーカー」であるダイキンが、ソフトウェア人材の育成に力を入れているのはなぜでしょうか。また、AI技術を社内へどのように浸透させ、活用をおこなっているのでしょうか。その理由を、同社テクノロジー・イノベーションセンター 戦略室 技術戦略担当である近藤 玲 様にお聞きしました。

なぜ、世界No.1のエアコンメーカーがソフトウェア人材の育成に取り組むのか?

TICは2015年に、それまであった研究所を統合し、技術者が集まる技術開発のコア拠点としてソフトウェア人材を育てていく組織です。

現状として、弊社売上の9割弱は空調事業で構成されており、これまでは機器を販売する「モノ売り」主体で事業を続けてきました。機械や電機の技術・技術者はたくさん保有していますが、最近は製品の性能だけでは戦えず、そこで、モノ売り以上の「コト売り」ともいうべきソリューションの重要性が高まってきています。単独の技術向上だけではなく、様々な技術の掛け合わせやソリューションが必要になっているわけです。それは、弊社がこれまで続けてきたスタイルでは通用しなくなるという強い危機感があります。

今、世界ではITやデータを活用した新たなサービスやビジネスモデルが数多く立ち上がっています。そこで弊社でもAIやIoTといった最新の技術を使いこなしていかなければ、グローバル競争に勝てないという危機感を強く持っています。しかし、弊社は長らく製造業を中心に営んできたため、ハードウェア系技術者は多数在籍しているものの、ソフトウェア系技術者は不足しています。市場環境を鑑みると、採用での優秀なソフトウェア系技術者獲得が難しいという側面もあり、社内で育成する道を模索しています。

育成の取り組みとして、2017年12月からはAI分野の技術開発や事業開発をになう人材を育成する社内講座「ダイキン情報技術大学」を開講するに至っています。これは、社内の幅広い部門から選抜された社員が、9ヵ月間のプログラムを受講してもらうものとなっています。受講者は既存社員と新卒社員とで構成され、既存社員には文系学部出身者も多い中で順調に学習し、成長しています。
資料請求・お見積り・気になる点がございましたら、
お気軽にお問合せください。